洗面台 〜 大掃除のコツ・方法ガイド

main_top_over_navi
main_top

洗面台

洗面台は、毎日使う場所ですので、水垢汚れや石鹸カスの飛び散り汚れがつきやすい場所です。 洗面台を使った後は、残った水気を利用して、全体を拭き掃除してしまうのが、きれいに保つポイントです。 我が家では、顔を洗った後、顔を拭いたタオルで、鏡から洗面ボウル、蛇口やその周辺を拭き掃除するのが暗黙のルールとなっています。 洗面台の大掃除では、上から下へ掃除するルールに基づいて、まず鏡から掃除しましょう。 鏡には、歯磨きのときに飛び散った歯磨き粉や、水滴汚れがこびりついています。 基本的には、ぞうきんで水拭きしてから、乾いたぞうきんでから拭きすれば汚れが落ちますが、頑固な汚れには、酢水スプレーを吹きかけて、スポンジでこすりましょう。 次に洗面ボウルの掃除をします。 洗面ボウルは、水垢汚れや石鹸カスがこびりついて黒ずんでザラザラしてしまっている場合、スポンジでこすってもなかなか落ちてくれません。 トイレットペーパーを敷き詰めてから、酢水スプレーを吹きかけて、サランラップで蓋をして、1時間ほど置いておきます。 汚れが浮いてきて落ちやすくなりますので、重曹スプレーをふきかけて、スポンジでこすり、それでも落ちない汚れには、重曹ペーストを塗ってこすります。 汚れが落ちたら、全体を水洗いしてから、乾いたぞうきんでから拭きします。 洗面台の鏡周辺には、小物受けが設置してあるタイプがほとんどですが、あまりたくさんの小物をゴチャゴチャ置かないようにしましょう。 掃除がしにくくて、小物の間にホコリや水垢汚れがたまりやすくなってしまいます。 必要最小限のものだけ洗面台に置いて、あとは蓋つきの収納ボックスなどに入れて洗面台の近くの棚などに置いておきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 大掃除のコツ・方法ガイド All Rights Reserved.