窓・網戸・カーテン 〜 大掃除のコツ・方法ガイド

main_top_over_navi
main_top

窓・網戸・カーテン

窓、網戸、カーテンを掃除すると、大掃除したな?!という気持ちになりませんか? 窓は、住んでいる人の目に触れやすい場所のため、窓の様子が変わると、部屋の印象が劇的に変わったように感じるのです。 季節に合わせてカーテンの色や素材を変えると、部屋のイメージがガラッと変わるのもこのためです。 家族みんなで大掃除をする場合には、いつも掃除するのに慣れていない旦那さんや、お子さんに窓の掃除をお願いすると、がんばった成果を感じやすいため、オススメです。 ピカピカの窓を見て、掃除って楽しいんだなぁと思ってくれると、お掃除を頼んだ自分もうれしいですよね。 窓、網戸、カーテンの掃除に使うものは、サッシブラシ、スポンジ2個、バケツ、雑巾などです。 窓の掃除は、まずカーテンをはずして、洗える素材のものは、生地を痛めないようにフックをはずして洗濯します。 フックも、石鹸水などにつけおきして、きれいに洗いましょう。 カーテンを洗濯している間に、窓と網戸の表面についた目立つ土ぼこりなどを、乾いた雑巾などで払い落とします。 次に、サッシにたまった砂や土を、サッシブラシや歯ブラシなどを使って、きれいに掃除します。 次に、網戸の掃除をします。 網戸のたわみを防ぐために、水でぬらした大きめのスポンジ2個で、網戸を表と裏から挟むように押さえて、優しくこすります。 このとき、上下方向と左右方向両方をこすると、網戸の汚れがきれいに落ちます。 次に窓の拭き掃除をします。 窓の外側は、水でぬらした雑巾で拭いたあと、乾いた雑巾でからぶきします。 窓の内側は、油が混ざった水だけでは落ちにくい汚れがついているため、ぬるま湯に重曹を溶かしたもので水拭きして、乾いた雑巾でからぶきします。 次に、網戸の掃除や窓拭きで水びたしになったサッシを、水でぬらした雑巾できれいに拭きあげます。 カーテンの洗濯が終わったら、フックをつけてカーテンレールに下げて乾かすと、余計なしわがつきにくくなります。 窓、網戸、カーテンの掃除は、掃除する順番が重要になってきます。 順番を間違えてしまうと、同じ場所を2度掃除するハメになってしまうので、気をつけましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 大掃除のコツ・方法ガイド All Rights Reserved.